Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

31週突入!体重と胃もたれ、ベビー服

今日は検診でした。

前回は、お腹の張りが怖くて予約した日ではない日に行き、

いつもと違う先生で、「そういや、経腹エコーしなかったな」

てな状態だったので、

今日は通常運転。

相変わらずお腹は張るので、内診もして、「問題なし」

経腹エコーもして、赤子の推定体重を割り出してもらいました。

えーと、今日から31週目になるんですが、

赤子の推定体重は、1915g。

でかっ!

家でネットで調べてみたら、「普通の範囲内」ではあるんですけど、

オイオイ、おいらの増加した体重の5kgのうち、2kgは赤子で、もう2kgぐらいは羊水でしょ?

私自身はほとんど太ってないじゃん!!
(なのに、こんなに体重を気にしなきゃいけないなんて!!)

でもまあ、元気でなにより。

そして、推定体重って、なんか胎児のアチコチの長さから算出する数値だから、

実際とは差があるらしいので、

引き続き体重管理、ガンバリマス。


とはいえ、ほーんと驚くほど「甘いもの(特に和菓子、あんこ系)」に

欲求がフォーカスする私。

この前なんて、和菓子屋のショーケースをじっと眺めながら、

何を買うか、買うべきじゃないのか、延々と悩み続ける・・・・という夢を見たぐらいです。



食事も普通に食べるんだけど、

気のせいか、ここ数週間は「胃もたれ」が激しい気がする・・・。

でも、そこはめげずに食べるんだけど(笑)。

食後にフルーツもたっぷりいただいてしまうのですが。

はー。



病院の帰りにデパートをうろうろしていて、

赤子の下着を購入してしまいました。

かわいーーー!!!

DSC08684.jpg
※3枚セットなのよ。

女の子=ピンク

っつーのも芸がないんですが、

白だけより、かわいい・・・。

かといって、わざわざブルーを選ぶのもなー・・・

てか、ブラウン、って手もあるけど、とりあえず今日のところはピンクにしよう・・・

と、かなり(こんなものに)迷い、時間をかけて選びました。

じつは、もう2ピース、この下着の上に着るやつも買ったっす。

ていうか、もっと買いたかった!

帽子とかベストとか!!

このお店は里帰り先にはなく、しかもネットショップもないので、

リアル店舗で買うしかないので・・・(残る道は夫の遠隔操作)

はー、週末また出向いてしまうやも。

アレよね、いいよね、「あるべき姿」じゃなくて、「俺好み」で!!




つって、意気揚々と調子に乗って歩き廻っていたら、

天罰のごとくお腹が張りだして、

そろりそろりとデパート内を歩き、

やっと見つけた椅子に座ったら、となりにおばあさんが。

そうよね、おばあさんも足腰痛いわよね。

シルバーシートといい、身体がいうこときかない老人の気持ち、リアルに分かり合えるわ。

とか思っちゃった。

スポンサーサイト

出産準備と腰痛緩和グッズ

妊娠初期から中期にかけては、

毎日毎日「今日は■週目▲日目」と、1日1日をカウントしていたのに、

いつごろからか、気にするのは、「今日は■kg・・・昨日食べ過ぎたからな~」

とかに変化しています。

で、今日は・・・(と、カレンダーを見て) 

29w5d です。

あと少しで、30週かー・・・いよいよ、マジでカウントダウンですわl。

ひー。

遅れていた「出産グッズ準備」が通販サイト使いまくり、進行中です。

一応、病院に指示された「出産準備アイテム」はほぼ一通り(「ほぼ」って何だよ!)

そろいました。

「入院グッズ」も、たぶんそろいました。

あとは、バッグに入れたりするだけです。

歯ブラシとか洗面グッズとか、そういうのは、まだ「家のどっかにある」っていうステイタスなんです。

どこまでグウタラやねん!

ちゅー話ですが・・・。

で、買う必要のあるもののついでに「必須じゃないもの」を買ってしまい、

すこぶる重宝しているのが、コレ↓

DSC08644.jpg

「授乳クッション」です。

でも、産まれる前は、本来の使い方と逆にして使うとミラクル楽チン!!!


いつ頃からだったか、腰痛を気にしていた私ですが、

このクッションをダイニングテーブルでご飯を食べる時にも、

ソファで寝転ぶ時にも、ベッドで寝る時にも、

重宝しています。

このクッションの、くぼんだ部分を腰に挟んだまま移動する姿は、まるで、

「浮き輪をした子供が移動するよう」らしく、

夫に失笑されましたが・・・。

ああ、もっと早く買っておくんだった!

あと、「トコちゃんベルト」なる骨盤固定ベルト。

これもつけると楽。

もっと早くに買っておくんだった・・・。

妊娠してからハマっているもの、それはアロマ


妊娠初期、それまで使っていた洗顔料や、化粧水だと、

なんか肌がガッサガサになってしまい、

「低刺激」「うるおいたっぷり」

とかいうキーワードで、リアルに商品をさがしていて、たどり着いたのがこれ。


aromasoap.jpg

マジックソープシリーズです。

早くも、ラベンダー、オレンジ、と2本使いきりました。

洗顔だけでなく、身体もこれで洗っています。

匂いもきもちいぃぃぃす。

お肌の調子も良いっす。

「メイクも落とせる」って書いてあり、「ほんとかよ」と思いながら、

使ってますが、うん、落ちてます。

時折使う、アイライン用の筆をコレで洗ったら、するする落ちて感動しました。

(普通のメイク落しじゃ落ちないのよ、アイラインのアレは。アイライン専用のオイルのやつをそれまでは使っていたのに・・・・)


顔の上で水を足せばどんどん泡立つので、匂いもともなって、ほんと、気持ちいい。

写真はもう、空になったもの。

ラベンダーとオレンジと無香料を買って、今、無香料を使っているけど、

無香料は匂いなくてちょっと盛り上がりに欠ける・・・。

敏感肌用、とかって書いてあるので、そのうち赤子にでも使うとして、

私はオレンジをリピする予定っす。

準備着々(産休・育休にむけて)

8月19日(28w4d)

産休までカウントダウンモード入っています。

引継ぎをしたり、各種申請をしまくっています。



予定日が11月6日なので、産休は9月26日からです。

夏期休暇をとっていないのでその分を取って、

9月10日を最終出勤日にする予定です。

ウチの会社の勤怠は、10日締めなのでその方がもろもろ都合が良いと思われたのもあり。

「産休明けに有給を残しておくと、重宝するよ」

という実際的なアドバイスを受けて、10日の有給を産休・育休明けにとっておくことに。

ちなみに休職中も有給は持ち越せ、しかも新年度には新たに付与もされるらしいので、

これは心強い。

育児休暇は、産休の明ける(11月6日に予定通り産まれたとして)1月1日~となります。

で、子供が1歳までの育児休暇なので、(11月6日に予定通り産まれたとして)11月6日が

復職日となりますが、昨今の保育園事情を考えると、11月入園ってたぶん無理。

で、育休を6ヶ月延長させてもらって、4月入園&4月職場復帰かなー・・・というめどです。

おおっと、その4月は、2011年っすよ。 ひゃー。



その話を会社でしていたら、「金魚さん、それまで酒レスかー!」

と大笑いされました・・・。そっかー・・・保育園入るまで卒乳しないっつーこともあるわけかー・・。

むむむ。



とはいえ、

1歳半で保育園に入れることができれば、かなりありがたい感じです。

やっぱりなんとなく1歳前に入園させるのは、私の方が気分的に寂しい。

赤子の方の気持ちを汲んであげる・・・とか考え始めると、復職自体ができないので、

割り切ろうと思っています、今のところ。

(産まれたらどーなるか分からないけど)



ネットでチラと検索したら、出産を機に仕事をやめる女性は、3/4にも上るとか。

仕事と育児の両立っつーのは、ハードル高いんだろうなぁぁ。

苦しむんだろうなー、いろいろ。

うん、でも、覚悟してます、ガンバリマス。

なんでそんな覚悟を固めているのか、自分でも不思議。

妊娠する前は、「妊娠したら会社辞めよう」って普通に思っていたのに。

てか、「もう仕事辞めたい!!だから妊娠したい!!」

ぐらい思っていたのに。

「辞める」ことは身近になったら、急に怖くなったんだろうか、私・・・。




私の周りにはけっこういる、働くママさん。

会社にも普通にたくさんいるし。 親戚、友人も、すくなくとも3/4が離職する、っていうのは、

違う感じ。半々ぐらいか、ちょっと働きつづける人の方が多いかな、とう印象。


会社では、産休・育休を取るのが結構あたりまえ、っぽい感じで、

お腹の目立ちはじめた私に、

「あれ、金魚さんオメデタだったんだー!!えー、もう8ヵ月!?気づかなかった!」

「え、いつから産休?保育園大変みたいだけど、無認可の保育園がヒルズにあってさー・・・・」


とかっていう会話が定番。

ヒルズの保育園に預ける日は絶対に来ないんですけど、

ぜんぜん「出産で辞める」ってことは念頭にないっぽい。

ありがたい話だわー。


親が地方に住んでいるので、エアチケットや新幹線のチケットを割安で入手できるルートを開拓しようと、

日々ネット検索しております。

・・・・って、その前に出産の準備しろよ!

そうっすね~。







順位着々(夫編)

2009年8月14日(金)

ずいぶん前に「往復はがき」で応募した、私の住んでいる地域の「両親教室」に参加してきました。

平日にあるのね、お盆だから?

仕方ないから会社休みました。



のっけからわき道に反れるのですが、

「マタニティヨガしましょう」「マタニティスイムしましょう」

って言うわりに、それらのクラスは平日の昼間ばかり。

のわりに、

各種制度は、専業主婦より、働き続ける母親をより手厚くする方向に強くシフトしてる・・・。

のわりに、

保育園足りないっぽいし。

全体としてかなり支離滅裂なんですけど。

いったい、どうしたいんだよ、何がしたいんだよ、って感じ。

お国が、少子化を問題視していて、

その原因を、「子供を産み育てながら働き続けることが困難なこと」

と、考えるなら、全体像をよーく検証してみてほしいなぁ。

原因は一時的な経済不安だと思っているのかなぁ。

「お金の不安が子供を生まない原因」「お金があれば子供をもっと産む」

っていうふうに。

てか、そうなの?ほかの人は?

子供をほしいと思った人で、「お金がない」を理由に子供を生むことを断念する人がいるならば、

それは、一時的にグロスで数十万のお金を得ることで解決して、

「よし、じゃあ産もう!」ってなるんだろうか?


もっと容易に、安心して、「働き続けられる環境」を整備するほうが、

リアルと思うんだけど。

というのも、

たとえ月収10万円でも12ヶ月働けば、120万ですよ。

それを3年続ければ、360万ですよ。

育児の一時期にグロスで数十万もらうのとは比にならない額っすよ。

そして、もらえる期間が終了しても、子育てが終了するわけでも、母親の人生が終了するわけでもないので、

なんつーか、ギアの入ったお金じゃない気がするんだけどなぁぁ。

そりゃ、「もらえりゃラッキー」って思う人はいるだどうけど・・・。

「少子化対策」には程遠いように思うけどねえ。

それとも、「何とかなるさ」で出産して「ちょっと困ってるのー」って人をサポートするためのお金、っていうことなんだろうか・・・・(可能性高い)

(あれ?某党のマニフェストだと、数千万になるんでしたっけ?子供を産むともらえるお金の合計。だったらスンマソン、くださいそのお金。え、出所は?子供のいない夫婦の税金ですか?!)



さて、で、話を戻して

両親学級。


13:00~16:00までの長丁場でした。

オムツの替え方や、抱き方、沐浴の仕方なんつー超実践的な講座に加えて、

妊婦ジャケットを夫に着させて「ほーら大変でしょ!」と感じさせたり、

臨床心理士がマタニティブルーやら、乳児・幼児期の心の成長についてのレクチャーがあったり、

と、

充実してました。

まあ両親学級に来てくれる、夫たちは、そもそも妻に協力的なスタートラインに立っていると思われるので、

なごやかでしたよ。

「妻にしてあげられること」を考えている男性の、潤んだ瞳を「かわいいなあ」と思ってしみじみしておりました。

もち、ウチの夫も長い手を器用にあやつって、沐浴実践やオムツ替え実践してました。

がんばれー。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。