Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊娠線予防に・・・期待している

妊娠線の画像をどこかのページで見て、恐怖におののき、クリーム等を物色しました。

妊娠線専用クリーム、って何か気分がソソられず、

ネットで好評っぽい、BodyShopのシアバター類も、あの匂いが吉とでるか凶とでるか、ハイリスク、と判断。

結局、「もし妊娠線用オイルとして不快でも、汎用できる」点で、

ニールズヤードレメディーズの「ホホバオイル」を購入。


DSC08293.jpg


今んとこ、心地よく使用しています。

あと、ガッサガッサになっている顔にも付けてみたところ、好調好調。

リピするか、ヴェレダのオイルにするか、悩み中です。
スポンサーサイト

腹帯

今日は 6/16(火) 19w4d

5/29(金)が戌の日で、水天宮に行こうかとも思っていたのですが、

夫も私もどうしても出勤しなくてはいけない仕事があって、

「腹帯もあるし、いいか・・・」

と、かなりあっさりギブアップして、自宅で食事後に腹帯巻きをしました。

私の母が、私を授かるときと、戌の日のにお参りをしたという、愛媛のお寺の腹帯などなどを送ってくれました。(写真)

夫の母からは、神戸のお寺からお札などなどが送られてきました。

ありがたいことです。

さて、巻いてみますか、腹帯・・・

haraobi


・・・・えーっと、さらしにお坊さんのプリントがしてあります。

・・・・えーっと、うまく巻けません。 つか、難しい。

(この間ネット検索しまくり)

・・・・つか、巻いたところでなにも「安定的」な感じしませんが・・・。




ってことで、別途用意していたベルト付きのガードルみたいなのや、

ベルトつきの腹巻みたいのを愛用しています。

うん、かなり愛用しています。

お腹まわりが暖かいし、腰もやや楽かも。

赤ちゃんのためのスペースを作る

6月7日(日) 18w2d

6/5(金)の検診で、「安定期」「順調」と言われて、一安心。

その日のエコーに映った子供は、頭の後ろで手を組んで、

野原でのんきに昼寝をしている「のび太」さながら。

口笛吹いていそうなポーズでした。

便秘がひどいので、下剤を処方され、

お腹がの張りがある旨を伝えると、「1時間に4回あったら、外来に来てください。」と。

どうやら、疲れがたまると、お腹が張る傾向にあるようなので、

張ったら休めば、問題ないようです、私の場合。

ドクターはさかんに「仕事しすぎないように」なんて言ってくれました。

(大丈夫、結構、ゆるりとやらせていただいております。)


「安定期」ということばを待ってから、

マタニティヨガをDVDで始めました。

そして、

「不要とわかっていながら、放置しているものがたくさん詰まっている」押入れの整理をスタート。

不要な衣類は売り、夫と私の持ち寄った不揃いな形の衣装ケースを一斉廃棄して、

同じスペックのものを購入。

かなりすっきり。

もともと夫は、不要なものを持たないタイプ。

私も、(たぶん)世の女子の中では、比較的、「手放すこと」に躊躇のないタイプ。

で、赤ちゃんのためのスペースはあっというまに確保できました。

物理的にも、精神的にも、用意を進めている感じです。


日に日に力強くなる胎動の「トゥントゥン」が、

次の幕明けまでの序章のように感じられる今日この頃です。

会社を休んだ平日の、専業主婦な1日に思う。

6月2日(火) 17w4d

お腹の赤ちゃんはよく動く。

「トゥン」と中からの刺激に、外から指の先で「トゥン」とたたいて返事をすると、

ややあって、「トゥン」とまた中からたたき返してくる。

これは幸せな感じです。

胎動がないときは、「お腹の中で生きているかな・・?」と思い、

検診のたびに「生きてますように」と祈っていたけど、

こうして元気な様子を毎日感じられるのって、うれしい。


安定期に入って、赤ちゃんがどんどん大きくなっているのか、

私はなんか疲れがち。疲れるとすぐお腹が張る気がする。

十分睡眠をとったはずなのに、今朝は疲労感から起き上がれなかったので、

(貧血気味でもあったのか、自分の顔が自分で触っても冷たかったので)

1日休むことにした。

朝食を採って、ちょっと横になるつもりが、4時間も寝てしまったようで、

気がつくと12時半!!

それから洗濯機を回して、昼食を作って食べていると、友人からメールが。

働く彼女も今日は休みをとって、引越しの片づけをしているらしく、

ウチにある台車を借りたい、とのこと。

ぜひぜひ、と家に迎える準備を始める。

・・・といっても、昨日の洗濯物をたたむ。ぐちゃぐちゃのベッドを直す、お客様用のティーカップを用意する・・・以上。


友人を待ちながら、夕食の下準備をした。


日ごろは会社から帰ってから30分で

①汁物 ②サラダ ③胡麻和えやおひたし、酢の物 ④魚か肉

を、夫と私で自分たちでもほれぼれするようなチームワークと手際で作り、

週末に炊きためたご飯をチンして食べるんだけど、

今日は、レンコンを酢水につけ、干しシイタケを戻し、高野豆腐を戻し、さやえんどうを塩ゆでして、ニンジンを切り、煮物の準備をした。

それぞれ色とりどりの素材を、切り並べて、満足満足。

手間のかかる食事を作るのは、じつは結構好き。

手間がかかればかかるほど、なんか贅沢な感じがして、うれしい。



同時に味噌汁とインゲンの胡麻和えの準備もして、ひと段落。

さわやかな風がはいる午後の時間を、片付いた部屋のソファに座り、

アロマなんて焚きながら、ゆるやかな音楽をかけていると、なんだか幸せだな~・・・と。

「ああ、専業主婦ってこんな感じなのかな~・・・」

と思ふ。なんか、満たされてる感じ。


子供や家庭のない自分が持っていた、今の仕事への情熱みたいなものを、

これからも私は維持できるのだろうか・・・?

結果を出すために、結構、時間も労力も贅沢に使ってきた気がするけど、

たぶん、時間も労力も、あんなにふんだんにはもう使えない。(物理的にも気持ち的にも)



ありきたりのテーマだけど「家庭と仕事」の両輪を、

それぞれ満足のいくように回していける・・・・いや、「回して行こう」と思えるかな・・?

何というか、もちろん「それなりに」はできるだろうな。

でも、それでいいのかな???

まあ、今月、来月、の話じゃなくて、向こう5年とか10年の話だけど、大事なことだからキチンと考えなきゃな~


・・・・てなことをツラツラかんがえた1日でした。





里帰り出産のための検診と分娩予約

2009年5月22日(金)

木曜日の会社を1時間早退して、羽田に向かい、

夫と共に19時の飛行機で実家に帰省。

翌日朝10:30に予約していた病院に行き、検診を受けました。

東京で通っている病院と同じぐらい古いけど、なんだか明るくていい感じ。

気のせいかインフラ系はこちらの方が良いみたい。


私には数回目の慣れた経腹エコーも、夫は初めて。

前回の検診で、お腹の中で元気に動いていた子供のことを話していたのに、

実際に、かなり元気に動く子供を見て、驚く夫。


ドクターも「元気ですねー。うまく写真が撮れない・・・」

というほど、またもやよく動いていました。

今回は、背骨やアバラの骨までくっきり見えました。


おへその下あたりに違和感があることがある・・・と訊いてみたところ、

「今、子宮はおへその真下ぐらいにあるから、張ったりしているのかも。」

「お腹が張ったら、横になって安静にしてください」

とのこと。

確かに、お腹の一部分が固くなっているときがあるのは、「張っている」ってことなのか。

横になると治るよな、そういえば・・・と思いあたる。

診察を終えて、分娩と入院の予約をして終了。

次回、この病院に来るときは、分娩の近づいた時期なのか・・・と思うと、

ちょっと怖い。

助産師さんから、入院時に持ってくる物リストとか説明されて、

急に出産がリアルになったりして・・・。

父(ドライバー)、母(付き添い)、夫(付き添い)、私、の4人で、

病院をウロウロして帰りました。

日曜日に帰京して月曜には普通に出社したものの、

やはり疲れたのか、月曜の帰り道は、お腹に違和感があり、

池袋からタクシーを使い、張っているお腹を確認して、ずっと横になってました。

翌火曜の朝、目覚めてお腹を触ると、なんか固かったので、

怖くなって、会社を休み、一日寝ていました。

(そしたら治った)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。