Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11w4d 妊婦検診

妊婦検診、1回目。

体重:48.1kg
血圧:70mmhg-122mmhg
子宮底長:10cm
腹囲:73cm

予約時間を5分過ぎただけで、結果3時間待たされました。

ええ、遅れた私が悪いんです。

病院に着いて、診察カードと予約票を受付に入れたら、

「10週以上の妊婦さんへ」

という看板の下へ行き、セルフで、体重、血圧、尿採取をして、

ファミレスの受付みたいな紙に名前を記して、番号を採ります。

体重をメモった紙(懐かしのわらばんし)に、その番号を記し、

尿カップにもその番号をしるす、という仕組み。

以上、看護士さんその他の方からの説明一切なし。

でもまあ、なんとかできますわな。

で、3時間待つ。

学校のトイレを思わせる通路にドアがばばばっと10個ぐらいあるスペースで、

並ぶドアの前に長いイスがあって、

そこに座って、呼ばれるのを待ちます。(ひたすら)

ちなみに、ドアの向こうには先生がいて、

ドアと垂直にパーテーションがあって、いちおう「個室」っぽくなっています。

が、ドクターの向こう側は、また廊下と同様、つながっているスペースです。

ドクターの向こうのつながっているスペースを看護士さんや助産士さんが行き来しています。

長くなりましたが、けっこうざっくばらんな感じです。

言葉を変えると「デリケートでない感じ」です。いいんですけど。不快、ではないので。

さんざん待たされてから、

「金魚さーん、母子手帳お預かりしますー」

差し出すと、

「ここ書いてくださいねー」

と戻された。

検診が無料になる用紙に何も記入していなかった私。

ちゃちゃちゃっと書いて、また看護士さんが私を呼ぶのを待つ。

・・・・待つ・・・・待つ・・・。

ええ、書いていない私が悪いんです。

次に呼ばれると、そこは、助産士さんがいて、子宮長やら、腹囲やらを計測してくれる。

ついでに、私は里帰り出産希望なので、すの旨を伝え、

先方病院の分娩予約のため、紹介状を書いてもらう。

(これがさらに時間がかかった原因)

そして、再度呼ばれた時に、ようやくドクターの検診。

今回は、「経膣」ではなく「経腹」で超音波をあてて、お腹の中の様子を探りました。

こりゃ楽ですな。(いろいろ脱がなくていいし)


bebe_11w4d.jpg



でかっ。

前回までは、深海の生物(クリオネ?)みたいだったのに、

今回は人型っぽい。

先生も「大きいですねー」「超順調ですね」

と太鼓判。

「心拍数も1分間に150回ですねー、問題ないですねー。」

「あ、足もできかけてますねー」

・・・足ができかけ、というのが、

この週数で順調なのか、なんなのか私には判断する知識がないのですが、

先生の様子から推察するに、

OKみたいです。

指をくわえてました。手なんかも動いていた。



思わず、私は言ってしまった・・・・。

「きもー」

そんな私に先生は、「そんな・・可愛いですよ。」って

フォローしてくれました。

で、お腹に塗られたジェルを、超音波の機械に備え付けてある「おしりナップ」

で、ふきふきしてくれました。

「おしりナップ」て。

今回で11週4日、一応の安心が得られる12週まであと少しっていう状況と、

待たされ続けて空腹で、気分が悪くなりかけ、ついでに機嫌も悪くなりかけていた金魚ですが、

元気な赤子に、かなりご機嫌回復して検診を終わりました。

血液採取をしてこの日は終了。

次回は、3週間後です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。